フリー

【DES2018:後記③】~業界の垣根を越えて~

DES2018の後書きとして全3回のコラムを投稿しておりますが、最後3回目です。

この画像は、今年の開催の中で印象的な1枚の1つです。ルネサンス様のチームは毎年出場してくださっていまして、今年で3回目になります。ですので、もう見慣れた風景ですし、弊社のチームに他社様のチームが混じっていても、もう何の違和感もなくなってきているのも事実です。

そんな中、なぜこの1枚をチョイスしたかといいますと、毎年バックヤードをバタバタと走り回るため、客席を見ることがあまり少なく、ルネサンス様のご担当者様や出演のみなさまは拝見しますが、ルネサンスチームの応援団を見たのは、過去3回目にして初めてでした。出演者の親御さんからすると、「なぜ他社のダンスイベントなの」「行ってもオアシスチームの応援団が大多数で、完全アウェイの雰囲気の中、自分たちは居づらいのでは」と戸惑ったのではないかと思います。

ですが、(1回目、2回目の様子はわかりませんが)レぺゼンルネサンスの誇りを胸に、客席に爪痕を残すべく、しっかり目立ってやろう、演者に少しでも自分たちの応援団の声を届かせ、踊りやすい空気を作ってやろう、と言わんとばかりのサポーターの姿には業界の垣根を越えた嬉しさがありました。撮影のお声を掛けさせていただきましたが、みなさん快く、むしろ撮られることを喜んでおられるようでした。

普段はもちろんライバル関係ではありますが、イベントを通じて互いが交流し、所属関係なく同じ空気を楽しもうとする空間の提供は、特に総合クラブ同士にとって必要なことかもしれません。様々な業種の企業が続々と参戦する中、それらに刺激を受けつつ、「競争から共創」へと築いてく時代に突入したと言っても過言ではないかもしれません。

株式会社東急スポーツオアシス
ダンス&カルチャー事業マネジャー兼
TSダンススタイルズ代表
藤本泰弘

*THE☆STAGEの総合サイトはこちら